台座を考える

最近、次に作るペーパークラフトの台座案を考えてます。
というのも、今までの方式だとうまく接着できなかったり縁のあたりが見えてしまったり・・・うまくいかない部分があるのです。

今のところ、うまくいかないのは瓶の中で接着作業をするからじゃないか?と考えていて、
だったら台座を瓶の口を通る大きさに分割して、あらかじめ組み立てておいたものを入れて中での接着は最小限に、という方向で検討しています。
思いついたのは2案で、A案は今までのものをそのまま半分にして先に組み立てる方式、B案は紙を積層してパーツを作っておく感じです。

A案は試作してみると角の部分がうまく曲面にならなくて調整が結構難しい。
B案は30枚ほどをぴったり揃えて接着するのが難しいのと、接着してないパーツを重ねてみるとあんまり側面の見栄えが良くない感じでした。
(あと枚数多くてめんどくさい・・・)

A案を改良して採用するか、別の案を思いつくか・・・。

半年くらい先に完成すればいいかなー?とのんびりやっているのでこの記事を見た人もすっかり忘れた頃にお目見えできる(かも)しれません。
その時は、あ、台座こうなったのか。と気づいてもらえるとちょっとうれしいですね。